気ままな日記一覧

旧街道歩き

2016年から2017年にかけて、旧東海道(513km)を、2017年から2018年には旧中山道(537km)を完全踏破してきた。
ほとんどは、自宅からの日帰りですませていたが、遠くなると往復に時間がかかるようになるため、宿泊しながらの工程であった。

この次として、日光街道を歩くこととした。

 

2019年02月06日

日光街道(1)

旧東海道、中山道と踏破してきたが、この次として日光街道を歩くこととした。
街道の起点である日本橋で、ここから歩き出すのはこれで3回目となる。

街道の起点の日本橋

 

JRの浅草橋駅横を通りしばらく歩くと雷門の正面につくが、門の周辺は観光客でごった返している。この日は日曜日だったためかもしれないが、外国の人が多いようで、曜日に関係なくいつも多いのかもしれない。

浅草雷門

 

南千住で線路を超えたところに小塚原刑場跡があり、ここにある大きな地蔵は首切り地蔵と呼ばれている。この刑場で処刑された人の腑分け(解剖)が、解体新書の翻訳に結びついたようである。
東海道でも江戸の入り口にあたる大森海岸付近に鈴ヶ森刑場があったが、刑場は江戸の外に設けたようである。
ちなみに、小塚原刑場の前の道は「コツ通り」と呼ばれているようである。

 

小塚原刑場跡の首切り地蔵

 

南千住駅からすこしのところで、隅田川にかかる千住大橋をわたるが、ここが松尾芭蕉が奥の細道へと旅立った場所とも言われるが、芭蕉の深川にある住まいから船で千住まで来て、ここで初めての句を詠んだことから奥の細道の起点とみなされているようである

奥の細道矢立初めの地碑

 

今回歩いた距離は短く、北千住駅から帰宅した。(2019年2月3日)

2019年02月06日

日光街道(2)

日光街道の2日目で、前回の終点である北千住駅からスタートした。

北千住駅から少し西側にある道が旧日光街道の千住宿であるが、両側はほとんど新しい建物になっておりあまり宿場町の面影はないが、数軒の古い家があり、これは絵馬屋。絵馬や祭りのときに飾る行燈に絵を描くことを生業としているそうである。

千住宿の絵馬屋

 

千住宿を出てすぐに荒川を渡る。旧中山道を歩いた時も熊谷宿の手前の行田付近で荒川の土手を通った。この時は対岸の土手がどこにあるか分からないくらい遠くにあり驚いたが、ここでは十分に整備されているためかそれほどでもないが、やはり広い川である。

 

荒川から先の草加宿までは、旧街道とは思えないくらいの直線の道である。中山道の大宮付近でも直線に近い道であったが、関東平野の平らな土地のためであろう。
草加宿は草加せんべいが有名であり、草加せんべい発祥の地の碑まであった。大きな丸い碑の横にある細長い柱は、せんべいを焼くときの箸をイメージしたものとかで、妙なところにこだわりを持っている。

 

 

草加宿を出ると綾瀬川に沿った草加松原であるが、一見は最近作られた 遊歩道のようにも見えるが、これが江戸時代に作られていたとは驚きである。草加松原を横切る道路には、昔の太鼓橋に似せた歩道橋が設置されているが、すぐ下には信号のついた横断歩道があり、ほとんど設置する意義が感じられない。観光のための目玉と考えているのであろうか。

 

この日はJR南越谷駅から帰宅した。(2019年2月7日)

2019年02月06日