気ままな日記一覧

旧街道歩き

2016年から2017年にかけて、旧東海道(513km)を、2017年から2018年には旧中山道(537km)を完全踏破してきた。
ほとんどは、自宅からの日帰りですませていたが、遠くなると往復に時間がかかるようになるため、宿泊しながらの工程であった。

この次として、日光街道を歩くこととした。

 

2019年02月06日

日光街道(1)

旧東海道、中山道と踏破してきたが、この次として日光街道を歩くこととした。
街道の起点である日本橋で、ここから歩き出すのはこれで3回目となる。

街道の起点の日本橋

 

JRの浅草橋駅横を通りしばらく歩くと雷門の正面につくが、門の周辺は観光客でごった返している。この日は日曜日だったためかもしれないが、外国の人が多いようで、曜日に関係なくいつも多いのかもしれない。

浅草雷門

 

南千住で線路を超えたところに小塚原刑場跡があり、ここにある大きな地蔵は首切り地蔵と呼ばれている。この刑場で処刑された人の腑分け(解剖)が、解体新書の翻訳に結びついたようである。
東海道でも江戸の入り口にあたる大森海岸付近に鈴ヶ森刑場があったが、刑場は江戸の外に設けたようである。
ちなみに、小塚原刑場の前の道は「コツ通り」と呼ばれているようである。

 

小塚原刑場跡の首切り地蔵

 

南千住駅からすこしのところで、隅田川にかかる千住大橋をわたるが、ここが松尾芭蕉が奥の細道へと旅立った場所とも言われるが、芭蕉の深川にある住まいから船で千住まで来て、ここで初めての句を詠んだことから奥の細道の起点とみなされているようである

奥の細道矢立初めの地碑

 

今回歩いた距離は短く、北千住駅から帰宅した。14,800歩。(2019年2月3日)

2019年02月06日

日光街道(2)

日光街道の2日目で、前回の終点である北千住駅からスタートした。

北千住駅から少し西側にある道が旧日光街道の千住宿であるが、両側はほとんど新しい建物になっておりあまり宿場町の面影はないが、数軒の古い家があり、これは絵馬屋。絵馬や祭りのときに飾る行燈に絵を描くことを生業としているそうである。

千住宿の絵馬屋

 

千住宿を出てすぐに荒川を渡る。旧中山道を歩いた時も熊谷宿の手前の行田付近で荒川の土手を通った。この時は対岸の土手がどこにあるか分からないくらい遠くにあり驚いたが、ここでは十分に整備されているためかそれほどでもないが、やはり広い川である。

千住塾付近の荒川

 

荒川から先の草加宿までは、旧街道とは思えないくらいの直線の道である。中山道の大宮付近でも直線に近い道であったが、関東平野の平らな土地のためであろう。
草加宿は草加せんべいが有名であり、草加せんべい発祥の地の碑まであった。大きな丸い碑の横にある細長い柱は、せんべいを焼くときの箸をイメージしたものとかで、妙なところにこだわりを持っている。

草加せんべい発祥の地の碑

 

草加松原

 

草加宿を出ると綾瀬川に沿った草加松原であるが、一見は最近作られた 遊歩道のようにも見えるが、これが江戸時代に作られていたとは驚きである。草加松原を横切る道路には、昔の太鼓橋に似せた歩道橋が設置されているが、すぐ下には信号のついた横断歩道があり、ほとんど設置する意義が感じられない。観光のための目玉と考えているのであろうか。

草加松原にある太鼓橋に似せた歩道橋

 

この日はJR南越谷駅から帰宅した。22,500歩。(2019年2月7日)

2019年02月06日

日光街道(3)

日光街道歩きの3回目で、前回の最終地点であるJR南越谷駅からスタートした。

越ケ谷宿は、JR南越谷駅から2km近く北に歩いたところにある。何軒かの旧家が残っているが、全体に宿場町の雰囲気はあまり感じられない。残されているものは蔵造りのもので、火災に備えたものであろう。

越ケ谷宿の蔵造の商家_1

 

越ケ谷宿の蔵造の商家_2

 

越ケ谷宿から粕壁宿までの多くの部分が国道4号線と重なっており、はほぼ単調な道である。粕壁宿は春日部市の中心部にある。宿場の名前は「粕壁」であるのに市は「春日部」と文字が違っているが、昔行われた町村合併の際に表記を変えたとしているが、なぜ変えたかは少し調べたがわからなかった。粕壁にも古い商家が数軒残されていたが、写真は撮らなかった。

粕壁宿から次の杉戸宿までも、ほぼ国道4号線に沿っている。杉戸宿の近くで国道から分かれて県道に入るが、ほぼ旧街道の道幅のようで、狭くなっている。宿場に入るころから旧家が点在するようになり。写真は造り酒屋。

杉戸宿の造り酒屋

 

歩いていると、時々くしゃみが出たり少し目がかゆくなったりし。杉花粉が飛び始めたと感じ、花粉が収まるまでしばらくは街道歩きも中断することになれそう。
この日は東部動物公園駅から帰宅した。27,900歩。(2019年2月21日)

2019年02月25日

日光街道(4)

日光街道歩きの4回目で、前回の最終地点である東武動物公園駅からスタートした。

東武動物公園駅はもともと杉戸駅の名前であったものが、動物公園を造った際に名前をかえたとのことであるが、由緒ある宿場名を残さないのは残念な気がする。
東武動物公園駅はほぼ杉戸宿の中心に近く、旧家もいくらかは残っている。


杉戸宿を通り過ぎしばらくすると、日光街道と日光御成道との合流点がある。日光御成道は徳川将軍が日光に参詣する時に利用した道で、今の東京大学付近にある本郷追分から分かれ、ここに至っている。


次の幸手宿は、国道4号線が通り(現在は国道は町の外側を通るバイパスが作られ、県道となっている)、宿場町の雰囲気はまったく残っていない。幸手宿を出ると、右手に権現堂公園が見えてくる。ここはもともと洪水から江戸を守るために作られた堤であるが、現在はさくらが植えられており、観光の名所となっている。この時はさくら祭りは終わっていたがまだほぼ満開の状態で、平日にも関わらず多くの人が訪れていた。


幸手宿からもほぼ国道4号線に沿った道であるが、ここの国道は自動車専用の道となっているため、国道の西側に沿った下道を歩くこととなる。右側を国道の基礎が壁のようで景色はよくなく、次の栗橋宿まで続く。
栗橋宿もほとんど宿場の雰囲気は感じられなかった。

この栗橋宿までは武蔵国であるが、このあと利根川を渡り下総国に入る。日光街道は埼玉県から直接栃木県に入るものと思っていたが、ここで利根川を渡り、一旦茨城県に入るとは意外であった。写真は利根川で、東北本線の鉄橋が見える。


利根川を渡るとすぐに中田宿となるが、ここでも全く宿場町の雰囲気は感じ取れない。ここから古河宿までも単調な道である。写真は古河宿の入り口にあった行燈風の看板。


この日は古河駅から帰宅した。30,000歩。(2019年4月11日)

2019年04月13日